2011/09/21

Laboratorio di Sig.Giuseppe

Sig.Giuseppe
知らない道を歩くのが好きです。

なのでよく道にも迷います。

でもたいがい行きたいところには辿り着けるし、

自分で意図していなかったのに、本当の目的はこれだったのかも知れないと

思うような出会いがあることもあります。

偶然だけど必然を感じる瞬間もあります。

後て考えて、そのことが自分にとって象徴的な意味があることもよくあります。

そのことが理解できても理解できなくても、

そういう瞬間に出会うために回り道をしているのかも知れません。

そうしてあちらこちらで発見をしてゆくのは、

地図の無い宝探しのようで新鮮な驚きがあります。


そんな風にFirenzeの裏道を一人で歩いている時に、偶然出会ったのは

ジュゼッペさんです。
薄暗い入り口から目を凝らすと何やらオブジェがいっぱい、素通りすることなど

できません。声をかけると快く仕事場に招き入れて下さいました。
鉄のイルカは天井を泳ぎ、立体のオブジェがそこかしこにあり

もう私は嬉しくて嬉しくて...
そうしたら、奥の間にあるオブジェも見せて下さいました。

1メーター以上あります!

Tante Grazie, sig.Giuseppe !!!

0 件のコメント:

コメントを投稿