2012/10/04

La casa mia

© setsuko kato 2014

家はいってみればただの箱ですが、そこに家族がいて日々の営みがあって、

ウチだけの大切な箱になってゆきます。

人のことを思って作られた食事は特別な味がするし、小さなことの積み重ねででき

ている生活も人や自分が安心してあたたかく過ごせるよう準備しているものです。

もしひとり暮らしでも心をかけて丁寧に生活してゆくのは自分を大切にすることで

それは人を大切にすることにつながってゆくと思います。

日々を丁寧に過ごすのは、一生を丁寧に過ごすことだと思っています。

どの家もよく似て見えるし 人の生活も大差ないけれど、今日も巣作りして

特別な箱を作ってゆきます。



写真に撮って初めて、なぜ黄色の家のオブジェを作ったのか気ずきました。

うちの家の壁は特別に色出ししてもらった黄色で、左官も少し自分でやりました。

知らないうちに私は自分の家を作っていたのですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿