2012/08/09

Ma chère et tendre

 

Henri Salvador 「 Ma chère et tendre (愛しい君との愛しい時間)」

この夏はアンリ・サルヴァドールを良く聴いています。

アンリの声はあたたかく乾いているけれど柔らかく、

ゆっくりと時が過ぎてゆく夏の昼下がり、 

陽炎を眺めているような気持ちになります。

その深い声には包まれているような優しさと切なさ

甘くほろ苦い人生の味わいが感じられます。

0 件のコメント:

コメントを投稿