2011/08/21

From Dream Island

© setsuko kato 2014
made by trash

随分前に出品した展覧会、ギンザ グラフィック ギャラリー 『バクテリアート』展

の作品です。

「バクテリアたちは、長い年月をかけて人間たちの廃棄物を分解し、新たな価値を

作り出して地球に還元する。<本当に投棄されたゴミ> <バクテリアたちでも分解に

何千年何万年もかかってしまうようなゴミ>を素材に<美しい作品>として再生させ

た。ザ アートワークスコミッティ」(カタログ抜粋)


夢の島から集めてきたゴミで作ったオブジェ。

バイクのマフラーや布団干し機、どこかの工場の時計やトロフィーの把手、ファン

や金属の削りくず等。

誰かが乗っていたバイクのマフラーや、誰かが日に何度も見上げたかも知れない

時計、お天気のいい日には布団を干されていたパイプには、そんな人の記憶は

残されているのでしょうか。

どの物にも人とつながっていた時があり、私のところにやってきて全く違う用途に

なってしまった物たち。

リサイクルアート、どこまでも使いつずけたらゴミは減るのでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿