2014/10/23

Exhibition Report 2

母子-Our darkest griefs may hold our brightest hopes (wire 銅)h1200 x w800   © setsuko kato 2014
光に溶け込みそうなこの作品は、銅のワイアーとゴールドのモザイクタイルでできています。
2階まで吹き抜けた大きな窓のあるお宅に入れさせて頂けることになり、とても楽しみです。
同じ場所でも1日の光によって表情が変わると思います。
タイトル 『Our darkest griefs may hold our brightest hopes』は、Arther Tressの本から付けさせていただきました。
『我々の最も暗く深い悲しみには、最も明るい希望が含まれているのだよ。』(訳Shinobu Abe)
大好きな言葉です。


庭越しに作品を眺めることができる、Café e Galerie Moineau。
美味しいカプチーノやガレットもあり、ゆったりと時を過ごすことができます。

2014/10/22

Exhibition Report  1

La vita è bella © setsuko kato 2014

10月16日から展覧会が始まりました。
初日からお客様がいらっしゃり作品をお買い上げいただき、嬉しいスタートになりました。
沢山の方に見ていただけたら、とても幸せです。
どうぞ 皆様お気軽にお越しいただけたらと思います。

作品『La vita è bella - Life is beautiful』は、アクリルにシャンデリアパーツ,ラインストーンが付いた、吊り下げる形のインスタレーションです。
空間に合わせて吊り方を変えられるので、ツリーのように丸く吊っても楽しいです。
光と風が少し入ると、くるくる回りシャンデリアパーツがきらめき美しいです。
いろいろな形のモチーフは、生きている中に散りばめられる日々の要素で、日常の生活を祝福しています。
生きていることが生きる目的であると、知人が以前言っていました。
私もほんとうにそうだと思います。
だから命を大切に。希望を捨てないで。
夜はいずれ生まれたての眩しい朝日を連れてきます。