2012/08/27

A samba and night temple




浅草サンバカーニバルを初めて観ました。

生命力に溢れていて強く美しい大地の神のような

女性たち。

サンバは、闇の世界に炎を燃やす自由の音楽。

生命の賛歌。

太鼓の音は地球の心臓のように私の心にも

火を着けじっとしていられません。

生きているのは素晴しい、

生きてる間は楽しく生きよう、

お別れが来た時笑ってサヨナラが言えるように。

縁起のいい、小判を背負った招き猫サンバ隊。みんなカワイイ。
 
ビックリ!チームで知人がギターを弾きながら歌っていました。



カーニバルの後に食事をして、浅草寺にお参りして帰りました。
  


夜の浅草寺がこんなに美しいとは。

人も少なく荘厳で身が清められる思いです。

昼の動と夜の静、肉体のフォルムの強さ、命と祈りの象徴 。

浅草は奥の深いところです。

2012/08/23

Against nuclear power generation

© setsuko kato
以前に載せたこの作品について説明したくてもう一度載せることをお許し下さい。

これはフランスの核実験に反対して作りました。

「Non aux essais nucléaires(核実験反対)」

髪の毛は「Save the earth」と描かれています。

© setsuko kato

日々明らかになる日本の現状に、この作品を作った時以上に

強い思いがあります。

原発反対                  Against nuclear power generation        
子供たちを救って     Save the children
地球を救って     Save the earth
未来を救って     Save the future


http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1508.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

http://www.youtube.com/watch?v=yIZZZGCruvY

http://www.youtube.com/watch?NR=1&feature=endscreen&v=skTnT85viTw

2012/08/17

Flying goldfish

© setsuko kato 2014
made by Vinyl chloride

光を通す金魚たちが空間をフワフワと泳いでいます。

空飛ぶ金魚のインスタレーションです。

© setsuko kato 2014

窓にはカエルのようなものもはり着いています。

2012/08/09

Ma chère et tendre

 

Henri Salvador 「 Ma chère et tendre (愛しい君との愛しい時間)」

この夏はアンリ・サルヴァドールを良く聴いています。

アンリの声はあたたかく乾いているけれど柔らかく、

ゆっくりと時が過ぎてゆく夏の昼下がり、 

陽炎を眺めているような気持ちになります。

その深い声には包まれているような優しさと切なさ

甘くほろ苦い人生の味わいが感じられます。

2012/08/07

Mars

NASA

火星に降下した探査車「Curiosityキュリオシティー」の画像を

NASAが公開しています。

ホームページでは多くの動画や写真を見ることができ、ワクワクします。

Curiosity Lands on Mars - NASA



暑中お見舞い申し上げます。 

ちょっと涼しげに見える火星の風景、

(気温は昼間でも氷点下9度、夜には氷点下77度だそうです。)

どこか懐かしく思えるのは私だけでしょうか。