2012/06/30

Microcosmo

© setsuko kato 2014
Installation

実際には、オブジェがもっと沢山空間に吊るされて構成されています。

写真に撮るのは難しかったです。

いつかもっと広い場所でこれを構成して、この空間に実際に入って感じて

頂きたいです。

自分で作っていても、不思議な気持ちになる空間なのです。

2012/06/15

Hydrangea of the grandmother


祖母の紫陽花と聞いています。

今は亡き祖母の今は無き庭に咲いていた額紫陽花が、うちの庭に植えられて

梅雨の始まりに爽やかな明るさ添えてくれます。

血のつながりは無くお会いしたことも無いのですが、私はこの紫陽花を

『おばあちゃんの紫陽花』と呼んでいます。

フレッシュなグリーンがかった斑入りの葉にブルーが清潔で元気なサラダみたい。

静かだけれど凛として、優しくどこか楽しげで、

笑い声が聞こえてきそうな気がします。

この花を愛でた祖母もそんな人だったのでしょうかと、思いを馳せながら。

命に終りはあるけれど、人は大切にしていた思いや何かを残してくれるもの

かもしれません。

思い出せばその記憶の箱は開かれ、そこにはいつも宝物が眠っています。

2012/06/05

Early summer


庭に降るように咲いていたバラのピエール ド ロンサールもそろそろお終い。

 

涼しげなガラスの器にこごみの白和え風です。

さっと茹でたこごみをお豆腐とオリーブオイル、ゲランドの塩で合えただけ

ですが お豆腐の甘さがオリーブオイルで引き立ち美味しいです。

日本の伝統食お豆腐とイタリアのオリーブオイル、フランスの塩がこんなにも

あうという不思議なしあわせ。

2012/06/04

LA DOLCE VITA

LA DOLCE VITA

映画『LA DOLCE VITA』(Federico Fellini)を

銀座のGUCCIで観ました。

GUCCIがフイルムを修復してCINEMA VISIONARIESとして

公開しているものです。

久しぶりに観る LA DOLCE VITA は画像がクリアで、

画面にとても集中できました。

20人のみの座席は肘掛け付きのソファーで、

映画の中のサロンとそのままつながっているかの様...。

このように優れた作品を後世に伝える活動をされていることで、

GUCCIのイメージが新たに広がったように思います。


その後はGUCCI CAFEで冷たい飲み物とチョコレートで一休み。

ひとつぶの小さなラズベリーチョコがうやうやしく白いお皿に

濃茶の布でお出ましです。  うふふ。。一粒¥300!