2012/08/27

A samba and night temple




浅草サンバカーニバルを初めて観ました。

生命力に溢れていて強く美しい大地の神のような

女性たち。

サンバは、闇の世界に炎を燃やす自由の音楽。

生命の賛歌。

太鼓の音は地球の心臓のように私の心にも

火を着けじっとしていられません。

生きているのは素晴しい、

生きてる間は楽しく生きよう、

お別れが来た時笑ってサヨナラが言えるように。

縁起のいい、小判を背負った招き猫サンバ隊。みんなカワイイ。
 
ビックリ!チームで知人がギターを弾きながら歌っていました。



カーニバルの後に食事をして、浅草寺にお参りして帰りました。
  


夜の浅草寺がこんなに美しいとは。

人も少なく荘厳で身が清められる思いです。

昼の動と夜の静、肉体のフォルムの強さ、命と祈りの象徴 。

浅草は奥の深いところです。

0 件のコメント:

コメントを投稿